TradingViewによる見積もり

[IMF]の検索結果

国際通貨基金(IMF)は11月30日の理事会で加盟国に配るSDR(特別引き出し権)に中国・人民元を採用するとことを決定した。

SDRはIMFに加盟する国や公的な主体だけに保有することが認められた、帳簿上に存在する「通貨の請求権」で、これまで、米ドル41.9%、ユーロ37.4%、英ポンド11.3%、円が9.4%という構成だった。今回決まった人民元の構成比は10.92%で、円の8.33%を抜いて3位になるが、実際に組み入れられるのは2016年の10月からとなる。

人民元がSDRに採用されたことで今後貿易・投資に元の利用が進むだけでなく外貨準備として利用される可能性も高い。

円は8月に決済通貨としての世界シェアで人民元に抜かれて5位に転落しており、安倍政権の円安政策によってその価値が減少し続けている円に代わって元の存在感が増すことは確実で、中国経済の先行きが不安視され元安となっている今のうちに人民元を買っておくのも面白いかも知れない。

人民元、円超える国際通貨に? SDRの仕組みを知る
IMF、人民元のSDR採用を決定
[259] Posted by kagahiro at 2015/12/01 22:14:03
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

ギリシャ議会は28日未明、欧州連合(EU)の財政構造改革案受け入れの是非を問う国民投票の実施を賛成多数で承認。国民投票は7月5日に行われることになっているが、EU側は国民投票の実施に反対し6月30日で金融支援を打ち切る方針を示している。

金融支援が打ち切られることで、6月30日のIMFへの返済が行われずにデフォルトとなる可能性が高いと見られており、週明けの金融市場でユーロが暴落する可能性が高くなった。

ギリシャ議会、国民投票を承認 首相が反対票呼びかけ
ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

[258] Posted by kagahiro at 2015/06/28 10:27:15
6 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (6)

対ギリシャ支援問題を協議するため6月22日に開かれたユーロ圏の緊急首脳会議で、EU首脳らが支援合意に楽観的な見方を示したことから、今週中に合意がなされるのではないかという期待感が広がっているが、実際問題としてギリシャがデフォルトを回避するのはほぼ不可能なようだ。

実際にデフォルトするまではメディアでは楽観的なニュースが流されると思われるが、ユーロの暴落やその後の市場の混乱に備えておいた方が良さそうだ。

ユーロ圏首脳会議、ギリシャ提示の改革案を評価 週内合意目指す
アングル:ギリシャ協議合意でも問題はIMF返済資金の捻出
[257] Posted by kagahiro at 2015/06/23 11:39:12
6 point | Link (3) | Trackback (0) | Comment (6)

  1