TradingViewによる見積もり

[米国債]の検索結果

米下院で9.11同時多発テロ事件の損害賠償を外国政府に求める訴訟提起を可能にする法案が賛成多数で可決されたことにサウジアラビア政府が激しく反発。法案が成立すれば、訴訟で資産が差し押さえられる可能性があるとして、米国債など約7500億ドル(約75兆円)の米国資産を売却する構えを示している。

オバマ政権は拒否権を発動する考えを示しており法案が成立する可能性は低いものの、サウジアラビアが一部米国資産の売却に動く可能性はある。

サウジアラビアが大量の米国債を売却した場合、金利が急上昇し米株価が暴落し、金融システムの崩壊につながりかねないのでトレーダーは注意が必要だ。

サウジ法案可決 オバマ政権は拒否権発動へ
911サウジ犯人説の茶番劇
[290] Posted by kagahiro at 2016/09/11 17:23:40
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

米大統領選で民主党で現職のオバマ大統領が再選されたことに、共和党のロムニー候補を支持していた富裕層が失望、NYダウは急落し1万3000ドルを割り込む展開となった。

戦争屋とも呼ばれるロムニー候補が当選すれば、シリアやイランなど中東で大規模な侵略戦争を始めのは確実で、軍需産業に米国債で調達した多額の血税が投入されることで、GEやボーイングなどの売上が急増し株価が上がると考えられていただけに、米国民がオバマ大統領を選んだことに対する金融関係者を中心とする富裕層の不満は大きいようだ。

ダウ300ドル超下落、米財政問題や欧州情勢が再び焦点に
[186] Posted by kagahiro at 2012/11/08 11:52:08
0 point | Link (3) | Trackback (0) | Comment (0)


米国の格付機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、米国債の格付けの中期的な見通しに関する評価を「安定的」から「ネガティブ」へと引き下げたことを受けて、スポット金の価格が1,500ドルを超え史上最高値を更新した。

米国財務省は、スタンダード・アンド・プアーズの評価の引き下げについて「財政問題に対処しようとしているアメリカの姿勢を過小評価している」と反論しているものの、巨額の財政赤字を抱えながらなおもアフガニスタンやイラクで戦争に巨額の資金を浪費する米国の財政はいずれ破綻するのは確実視されており、これまで米国債に最高の評価を与えてきた米国の格付機関ですら格下げに動き出したことで、米国債や米国株、米ドルなどが売られる「米国売り」が本格化しそうだ。

もし、米国債が暴落した場合米国債を大量に保有する日本への深刻な影響が予想され、「米国債は我々にとっても引き続き魅力ある商品だ」と脳天気なことを言っている場合ではないだろう。

米国格付け見通しの引き下げを受け、スポット金は一時1500ドル近くまで迫り、史上最高値を更新
米国債格付け引き下げに反論

新・マネー敗戦―ドル暴落後の日本 (文春新書)
文藝春秋 著者:岩本 沙弓 価格:903円 評価:★★★★★


powered by amalink
[109] Posted by kagahiro at 2011/04/21 22:57:23
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

日銀上司「いいか、これから1分ごとに10億円づつ円売りドル買い介入を行う」日銀部下「1分ごとに10億円も?」日銀上司「そうだ1分ごとに淡々と売り続けるんだ。これから24時間売り続けるんだ。」日銀部下「...
[69] Posted by kagahiro at 2010/09/18 17:42:16
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

  1