TradingViewによる見積もり

[欧州連合]の検索結果

30日、英中銀(イングランド銀行)のカーニー総裁が、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて景気見通しが悪化しているとして、夏にかけて金融緩和策を打ち出す必要があるとの認識を示したことでイギリスの通貨ポンドが急落した。

英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて欧州中央銀行(ECB)が債券購入の条件緩和を検討していることも報じられており、市場では世界的に金融緩和が進むとの期待が高まりそうだ。

英中銀総裁が追加緩和示唆、EU離脱決定で景気見通し悪化
NY株式:ダウは235ドル高、ECBの金融緩和策を好感

[270] Posted by kagahiro at 2016/07/01 10:45:55
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

イギリスのキャメロン首相が、欧州連合(EU)から離脱するか残留するかを問う国民投票を今年6月23日に実施すると発表しました。同首相はEUを離脱すると「不確かな時代が訪れる危険性があり、闇の中に飛び込むようなものだ」と話し、国民にEUに残留することを求めています。

国民の世論は現在ほぼ二分されていることなので、6月の国民投票が終わるまで世論調査が報道されるたびにポンドは乱高下しそうです。

EU離脱でポンドは2割下落するという市場関係者の予想もあるようですので、一時的に上げることはあっても下げ傾向になるとは思いますが。

EU離脱か残留か、英で6月23日に国民投票 世論は二分
英、EU離脱問う国民投票を6月実施 政府は残留を支持
英国EU離脱問題、ついに米国が警告 S&Pも「離脱すれば格付け2段階下がる」
[264] Posted by kagahiro at 2016/02/27 09:45:12
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

ギリシャ議会は28日未明、欧州連合(EU)の財政構造改革案受け入れの是非を問う国民投票の実施を賛成多数で承認。国民投票は7月5日に行われることになっているが、EU側は国民投票の実施に反対し6月30日で金融支援を打ち切る方針を示している。

金融支援が打ち切られることで、6月30日のIMFへの返済が行われずにデフォルトとなる可能性が高いと見られており、週明けの金融市場でユーロが暴落する可能性が高くなった。

ギリシャ議会、国民投票を承認 首相が反対票呼びかけ
ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

[258] Posted by kagahiro at 2015/06/28 10:27:15
6 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (6)

EURUSD(ユーロドル)は、ユーロ(EUR)と米ドル(USD)の通貨ペアで世界で最も取引量が多い。■チャート・レートチェック・分析├RT世界の株価指数・為替・国債… http://www.w-index.com/forex/├FXCM リアルタイ...
[254] Posted by kagahiro at 2015/05/21 16:01:05
10 point | Link (3) | Trackback (0) | Comment (4)

EURJPY(ユーロ円)は、ユーロと日本円の通貨ペア。ユーロは、ドイツ、フランス、イタリア、スペインなど欧州連合EU)加盟全27か国中17か国が導入している通貨で、一時はドルに変わって基軸通貨となるのではないか...
[157] Posted by kagahiro at 2012/04/02 11:08:20
25 point | Link (5) | Trackback (0) | Comment (16)

  1