TradingViewによる見積もり

[格付け]の検索結果

英国が国民投票でEUからの離脱を決定したこと受けて、アメリカの格付け会社「S&P(標準と貧乏)」が英国の格付けを、最上級のAAA(トリプルエー)から2段階引き下げてAA(ダブルエー)とした。

ちなみに、今回のブレグジットショックで資金の逃避先となっている日本の格付けはA+(シングルエープラス)で、本当に格付けが適切に行われているのであれば、むしろ円が売られてポンドが買われるのが自然だが、現実には円が買われてポンドが売られているので、市場では格付け会社の格付けはあまり信用されていないのだろう。

英国格付け2段階引き下げ、EU離脱決定受け=S&P
[269] Posted by kagahiro at 2016/06/28 16:37:52
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

イギリスのキャメロン首相が、欧州連合(EU)から離脱するか残留するかを問う国民投票を今年6月23日に実施すると発表しました。同首相はEUを離脱すると「不確かな時代が訪れる危険性があり、闇の中に飛び込むようなものだ」と話し、国民にEUに残留することを求めています。

国民の世論は現在ほぼ二分されていることなので、6月の国民投票が終わるまで世論調査が報道されるたびにポンドは乱高下しそうです。

EU離脱でポンドは2割下落するという市場関係者の予想もあるようですので、一時的に上げることはあっても下げ傾向になるとは思いますが。

EU離脱か残留か、英で6月23日に国民投票 世論は二分
英、EU離脱問う国民投票を6月実施 政府は残留を支持
英国EU離脱問題、ついに米国が警告 S&Pも「離脱すれば格付け2段階下がる」
[264] Posted by kagahiro at 2016/02/27 09:45:12
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

それでまたユーロががっつり下がったのか・・・

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は13日、ユーロ圏17カ国のうちフランスなど9カ国の国債格付けを引き下げたと発表した。フランスは最上位の格付けから1段階引き下げられ、「ダブルAプラス」となった。
評価 : ★★★ (かがひろ 2012/01/14)

ブックマーク先へ
[150] Posted by kagahiro at 2012/01/14 11:29:09
0 point | Link (0) | Trackback (0) | Comment (0)

米国の格付機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、米国債格付けの中期的な見通しに関する評価を「安定的」から「ネガティブ」へと引き下げたことを受けて、スポット金の価格が1,500ドルを超え史上最高値...
[109] Posted by kagahiro at 2011/04/21 22:57:23
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

  1