TradingViewによる見積もり

[ゴールドマン・サックス]の検索結果


SNS「GREE」でパチンコより射幸性が高いといわれるソーシャルゲームを提供し巨額の収益を得ている「グリー株式会社(以下グリー)」が、今春にも警察の摘発を受けるのではという予想記事が月刊誌「FACTA」や「週刊ダイヤモンド」に掲載され、同社の株価が急落している。

グリーは週刊ダイヤモンドの記事に対し、「当社が犯罪行為に関係した事実は一切存在しないにもかかわらず、あたかも当社が犯罪行為に関係しており、警察・司法当局による摘発が近日中に見込まれるかの印象を読者に与えるものであると考えられ、当社の信用を不当に、かつ著しく毀損しかねないものと言わざるを得ません。」とするプレスリリースを発表しており、週刊ダイヤモンド側が適切な対応を取らない場合は法的措置を取る可能性もある。

その収益性から高い株価を維持してきたグリーが摘発され株価暴落することが見込まれるとなると、ゴールドマンサックスなど空売りを得意とする外資系証券会社が巨額の利益を狙って仕込みに動くことも考えられ、同社にとってはこれから数ヶ月が大きな正念場になりそうだ。

GREE――ソーシャルゲームが「大変」
当局がグリーに重大な関心 正念場迎えるソーシャルゲーム
週刊ダイヤモンド掲載の当社関連記事への対応と当社の取り組みについて

[153] Posted by kagahiro at 2012/03/28 00:58:13
2 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (2)


米大手投機業者のゴールドマン・サックスが、バブル期の多額の損失を「飛ばし」ていたオリンパスの株を、前社長マイケル・ウッドフォード氏解任の前日に大量に空売りし、20億円を超える莫大な利益を得ていたようだ。

ゴールドマンの手口が凄すぎる・・・暴落したオリンパス株で利益20億円超
オリンパスが損失隠しを認め、株価がストップ安の734円まで下落した11月8日の時点で、ゴールドマンによるオリンパス株の空売り残高は194万株とピークに達した。ところが株価が584円まで下落した翌9日の時点で残高は4万株強にまで一気に激減する。この時点で大量に買い戻したということになる。
ゴールドマン・サックス証券は12日付けで、投資判断を「中立」から「買い」に変更、目標株価を2400円から3800に大幅に引き上げており、13日のオリンパスの株価は急反発していた。ゴールドマン・サックスはその絶妙のタイミングで、大量の空売りを仕掛けていたことになり、投資家からは「さすがゴールドマン、あいかわらずえげつないなw」「どんだけ鬼だよwwwwwwwww」などの賞賛の声が上がっている。

[145] Posted by kagahiro at 2011/11/24 02:16:01
0 point | Link (0) | Trackback (0) | Comment (0)

NASDAQなどのアメリカの一部の証券取引所が、ゴールドマン・サックスなどの特定のトレーダーに一定の料金と引き換えに0.03秒早く市場情報を提供しているというひどい話です。これじゃあゴールドマン・サックスの決算が良いのは当たり前ですね。

巨額利益生む0.03秒 米ゴールドマン
ナスダック市場など米国の一部取引所は一定の料金を受け取る見返りに、特定のトレーダーに0.03秒ほど早く市場情報を与えている。ゴールドマンなどは超高速で演算処理できる高性能コンピューターを使ってこうした情報を分析、他の投資家を出し抜く形で取引を行っているという。
先週金曜日のNYダウはなんとも活気のない不思議な相場でしたが、これでなんとなく納得いきました。他のトレーダーの注文情報が早くわかるなら、後だしジャンケンができるので、買い注文が出た分だけ売り注文を出すことで、相場をあまり下げずに利益確定できるというとこですね。

とはいえ、昨日だけで利益確定が終わったとも考えにくいので、先週決算をばっくれたCITの件がどうなるかにもよりますが、何もなければ今週前半は高値維持の活気のない相場になりそうです。

ゴールドマン・サックス―世界最強の投資銀行
著者:リサ エンドリック
早川書房

by Amalink
[46] Posted by kagahiro at 2009/07/26 01:29:37
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

  1