TradingViewによる見積もり

ゴールドマン・サックス、他のトレーダーより0.03秒早く情報入手で巨額利益

NASDAQなどのアメリカの一部の証券取引所が、ゴールドマン・サックスなどの特定のトレーダーに一定の料金と引き換えに0.03秒早く市場情報を提供しているというひどい話です。これじゃあゴールドマン・サックスの決算が良いのは当たり前ですね。

巨額利益生む0.03秒 米ゴールドマン
ナスダック市場など米国の一部取引所は一定の料金を受け取る見返りに、特定のトレーダーに0.03秒ほど早く市場情報を与えている。ゴールドマンなどは超高速で演算処理できる高性能コンピューターを使ってこうした情報を分析、他の投資家を出し抜く形で取引を行っているという。
先週金曜日のNYダウはなんとも活気のない不思議な相場でしたが、これでなんとなく納得いきました。他のトレーダーの注文情報が早くわかるなら、後だしジャンケンができるので、買い注文が出た分だけ売り注文を出すことで、相場をあまり下げずに利益確定できるというとこですね。

とはいえ、昨日だけで利益確定が終わったとも考えにくいので、先週決算をばっくれたCITの件がどうなるかにもよりますが、何もなければ今週前半は高値維持の活気のない相場になりそうです。

ゴールドマン・サックス―世界最強の投資銀行
著者:リサ エンドリック
早川書房

by Amalink
[46] Posted by kagahiro at 2009/07/26 01:29:37
オープン | 0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
 ゴールドマン・サックス 市場情報 不公平 

かがひろのホームページ


関連リンク

米金融サービス会社、CIT破産の可能性
CITというのはアメリカの小規模企業に対して融資を行っている企業のようですが、破産する可能性が高いそうです。米CITと当局の協議が終了、破産の可能性高まるhttp://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/i...

トラックバック

トラックバックURL :

コメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると更新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >