TradingViewによる見積もり

アローラ氏の利益相反疑惑でソフトバンクをSEC(米証券取引委員会)が調査

ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ前副社長の在任時の行為をめぐり、米証券取引委員会(SEC)が利益相反や他の疑わしい行為がなかったかどうか、さらにソフトバンクの投資家向け情報開示の状況などを調べているとブルームバームが報じている。

ニケシュ・アローラ前副社長は、孫正義社長が次期社長として高額の報酬で招請したものの、孫正義社長が社長の座を譲らないため株主総会の直前に退任したとされている。

ソフバンクをSECが調査、アローラ氏の利益相反疑惑で-関係者
ソフトバンク、孫社長がアローラ副社長を切った本当の理由(前)
ソフトバンク、孫社長がアローラ副社長を切った本当の理由(後)
報酬165億円の男、ソフトバンク・アローラ氏の実力と評判
[271] Posted by kagahiro at 2016/07/01 17:12:20
オープン | 0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
ソフトバンク SEC 利益相反 

かがひろのホームページ


関連リンク

ガンホー・オンライン・エンターテインメント 3765
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は、「ラグナロクオンライン」「TANTRA」「エミル・クロニクル・オンライン」「トイ・ウォーズ」「パズル&ドラゴンズ」などのオンラインゲームの運営を行...
ソフトバンク、ARM買収で株価が急落
ソフトバンクグループが約240億ポンド(約3.3兆円)で英国の半導体設計企業のARMホールディングス を買収すると発表したが、買収価格が高過ぎる、既存事業との相乗効果が見えないとの見方から株価が急落している。ソ...

トラックバック

トラックバックURL :

コメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると更新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >