TradingViewによる見積もり

英中銀カーニー総裁の金融緩和示唆でポンドが急落、ポンドドルは1.32台まで下落

30日、英中銀(イングランド銀行)のカーニー総裁が、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて景気見通しが悪化しているとして、夏にかけて金融緩和策を打ち出す必要があるとの認識を示したことでイギリスの通貨ポンドが急落した。

英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて欧州中央銀行(ECB)が債券購入の条件緩和を検討していることも報じられており、市場では世界的に金融緩和が進むとの期待が高まりそうだ。

英中銀総裁が追加緩和示唆、EU離脱決定で景気見通し悪化
NY株式:ダウは235ドル高、ECBの金融緩和策を好感

[270] Posted by kagahiro at 2016/07/01 10:45:55
オープン | 0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
英国 金融緩和 中央銀行 ブレグジット ポンド 

かがひろのホームページ


関連リンク

ミセスワタナベ大敗北、英国EU離脱でポンド大暴落
6月23日に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票でEU離脱派が過半数を占めたことで、24日の外国為替市場でポンドが暴落、ポンド円は一時133円台まで下落した。この大暴落によってポンド買いポ...

トラックバック

トラックバックURL :

コメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると更新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >