TradingViewによる見積もり

ミセスワタナベ大勝利、ブレグジット懸念後退でポンドが急上昇

ブレグジットに関する最新の世論調査で残留派が増えていることから、ブレグジット懸念が後退しポンドが買い戻されている。

6月20日18:00時点でポンド米ドルは、先週末の終値より300pips高い1.46台中頃で推移しており、まだまだ上昇する勢いだ。

ロイターやブルームバーグなどの海外の通信社は散々ブレグジット懸念を煽ってきたが、ミセスワタナベ(日本人個人投資家)は残留を見込んでポンド買いのポジションをとっている模様で、情報操作によるはめ込みに失敗した恰好だ。

ミセスワタナベがポンド逆張り、英離脱ならドル/円下落加速も | ロイター
東京金融取引所のFX「くりっく365」。個人投資家のポンド/円のポジションは、6月16日時点で売り建て1万8234枚に対し、買い建ては約15倍の27万5209枚に達する。

ブレグジット(英国のEU離脱)懸念の高まりを背景に、ポンド/円は年初から17%下落し、約3年ぶりの安値水準だ。それにもかかわらず買い建てるのは、ミセスワタナベが得意とする逆張り戦略とみられている。「残留するに違いないと、ヤマを張る投資家がいる」(FX会社)という。

[266] Posted by kagahiro at 2016/06/20 18:07:41
オープン | 0 point | Link (3) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
イギリス EU離脱 ポンド ブレグジット 

かがひろのホームページ


関連リンク

6月のイギリスのEU離脱国民投票でポンドは乱高下
イギリスのキャメロン首相が、欧州連合(EU)から離脱するか残留するかを問う国民投票を今年6月23日に実施すると発表しました。同首相はEUを離脱すると「不確かな時代が訪れる危険性があり、闇の中に飛び込むようなも...
ミセスワタナベ大敗北、英国EU離脱でポンド大暴落
6月23日に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票でEU離脱派が過半数を占めたことで、24日の外国為替市場でポンドが暴落、ポンド円は一時133円台まで下落した。この大暴落によってポンド買いポジション持ってい...
ミセス・ワタナベ(Mrs.Watanabe )
ミセス・ワタナベ(Mrs.Watanabe)とは、FX(外国為替証拠金取引)を行なってる日本の個人投資家(主婦やサラリーマン)の俗称で、90年代半ばに外為法改正に伴い、主要各国へ根回しのために動いていた当時の財務省担...

トラックバック

トラックバックURL :

コメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると更新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >