TradingViewによる見積もり

6月のイギリスのEU離脱国民投票でポンドは乱高下

イギリスのキャメロン首相が、欧州連合(EU)から離脱するか残留するかを問う国民投票を今年6月23日に実施すると発表しました。同首相はEUを離脱すると「不確かな時代が訪れる危険性があり、闇の中に飛び込むようなものだ」と話し、国民にEUに残留することを求めています。

国民の世論は現在ほぼ二分されていることなので、6月の国民投票が終わるまで世論調査が報道されるたびにポンドは乱高下しそうです。

EU離脱でポンドは2割下落するという市場関係者の予想もあるようですので、一時的に上げることはあっても下げ傾向になるとは思いますが。

EU離脱か残留か、英で6月23日に国民投票 世論は二分
英、EU離脱問う国民投票を6月実施 政府は残留を支持
英国EU離脱問題、ついに米国が警告 S&Pも「離脱すれば格付け2段階下がる」
[264] Posted by kagahiro at 2016/02/27 09:45:12
オープン | 0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
イギリス EU離脱 ポンド 

かがひろのホームページ


関連リンク

3月に行うと予告されているECBの追加緩和にむけてユーロは下がる
これからしばらくは前回ドラギ総裁が3月にECBが行うと予告したECBの追加緩和に向けた要人発言で、ユーロドル、ユーロポンド、ユーロ豪ドルなどユーロ絡みの通貨ペアは乱高下のではないでしょうか。実...
ミセスワタナベ大勝利、ブレグジット懸念後退でポンドが急上昇
ブレグジットに関する最新の世論調査で残留派が増えていることから、ブレグジット懸念が後退しポンドが買い戻されている。6月20日18:00時点でポンド米ドルは、先週末の終値より300pips高い1.46台中頃で推移しており、...

トラックバック

トラックバックURL :

コメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると更新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >