TradingViewによる見積もり

3月に行うと予告されているECBの追加緩和にむけてユーロは下がる

これからしばらくは前回ドラギ総裁が3月にECBが行うと予告したECBの追加緩和に向けた要人発言で、ユーロドル、ユーロポンド、ユーロ豪ドルなどユーロ絡みの通貨ペアは乱高下のではないでしょうか。

実際のところECBの追加緩和は大したことがないと思うのですが、発表されるまでは大規模な追加緩和が行われるのでは無いかという期待でユーロが下がると思います。

ただし、ユーロポンドはイギリスのEU離脱問題もあるので上がるのか下がるのか予測の付かない動きになりそうです。
[263] Posted by kagahiro at 2016/02/27 09:33:35
オープン | 0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
ユーロ ECB ドラギ 追加緩和 

かがひろのホームページ


関連リンク

ドラギマジックでユーロが急落、3月にさらなる追加緩和を示唆
21日の記者会見でECBドラギ総裁が、年明け以降、新興国の成長見通しや金融、商品(コモディティ)市場の混乱、地政学リスクなどをめぐる不透明感が強まる中で「下振れリスクが再び高まった」「そのため次回3...
6月のイギリスのEU離脱国民投票でポンドは乱高下
イギリスのキャメロン首相が、欧州連合(EU)から離脱するか残留するかを問う国民投票を今年6月23日に実施すると発表しました。同首相はEUを離脱すると「不確かな時代が訪れる危険性があり、闇の中に飛び込むようなも...

トラックバック

トラックバックURL :

コメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると更新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >